ネコを飼う金持ち彼女とネコになりたい貧乏彼氏

日常

家には猫が2匹いる。




2匹とも凜々が育てている猫で1匹は血統書付きのアメショーのオス猫


2匹目は母猫に捨てられて泣いていた茶色い雑種のメス猫


毎日2匹が喧嘩している。


アメショーのオス猫がメス猫にちょっかいかけたり


雑種のメス猫がオス猫にちょっかいかけたり


まぁ、なんだかんだ仲良くしてるみたい。


「やっと支払い終わった」


凜々がいきなりそう言うのでなんのことか聞いた。


「何が支払い終わったの?」


「アメショーのローンの支払い。一括で払っても良かったんだけど、めんどくさくて放置してたんだけどやっと終わったって連絡が来たの」


オス猫のローン?


なんだそれ?


「ペットショップで飼ったからローン組んだの」


一括じゃないんだ


「ふーん、いくらぐらいしたの?」


「80万ぐらい」




80万!?猫1匹80万!!!!!


「え、なんでそんなにもするの?普通のペットショップなら30万前後じゃないの?」


「まぁ、ちょっと高いところで飼ったからかな」


ちょっとどころじゃないぞ


この何もしないぐうたらのオス猫が80万だと、なまいきな


オス猫は凜々と俺が付き合う前からいる猫で何故か俺の事を下に見ている生意気な猫だ





「メス猫の方は拾った猫だからね、ローンとかはないけど最初は予防接種や検査とかで結構支払ったよ」


メス猫は凜々から事情を聞いた時に俺が飼おう!!って話したから家に来た猫だ。

倉庫内でニャーニャーと泣いていたらしい。母猫もいず一匹可哀そうに泣いてる

「太郎…どうしよ?」

と凜々から連絡が来て

「飼おう!!」


と意気揚々に言い家に来た。
だって可哀想じゃん。母猫に捨てられて泣いてるんだよ。

そんな境遇の猫を全て引き取る能力は俺にはないけど、その子だけは引き取るって強く言って凜々が手続きしてくれたんだ。

ありがとうございます凜々ちゃん




そんなこんなで猫が2匹家にいるんだけど、この前ショックなことがあった。


給料日前でお金が無く

朝ごはんと晩御飯を食べない節約方法で乗り切ろうとしてお腹がすいてフラフラ〜ってしてる時に

缶詰が開く音がした。

カパッて音が高音で響き俺の鼻が動く。

魚の匂いがする。

匂いの方に進むと、猫用の皿に缶詰の中身が崩されて乗せられて2匹がむしゃむしゃと食らいついている。

あぁ、腹減った。



ぐーって音がなり、このまま2匹を退けて俺が食らいついてやろうかと思った。

凜々に怒られるだろうけど。

「凜々、お腹空いた」

「そこの猫缶一緒に食べたら」

「さすがにプライドが許さないし怒るでしょ」

「うん、確実に怒る」

腹減ったなー


「でも、人が食べても美味しいと思うよ。これ600円ぐらいする高いのだから」


猫缶1つに600円!!2つで1200円か!!
え、たか!!

「なんてもったいないことをするんだ!!」

「なにが?2匹が喜ぶかなーって思って買ったの」

「俺にも買って」

「絶対に嫌」

「おかしい、絶対に!!俺はご飯食べるのも我慢して働いているのに!!こいつらは働かず俺よりもいいもの食べてるなんておかしい!!

この2匹にもご飯抜きを命ずる。」

「猫は可愛いだけの存在なの。それだけでいいの」

「俺も可愛いだけの存在になる」

「そんなの許さないから。頑張って稼げるようになって」

信じられない。

生まれ変わったら絶対に猫になる!!

高級猫になる!!

猫になりたい!!





コメント

タイトルとURLをコピーしました