好きなものを頼む彼女とドリンクバーで居座る彼氏

日常

俺達の外食でよくファミレスに行く。




というより、凜々の基準で外食に行くと俺が払えなくなるからだ。


ファミレスって言っても最近のお店ってどれも美味しいじゃん


ガスト、サイゼリア、ココスなどなどハンバーグやパスタもあるしサイドメニューも充実してるんだから


やっぱりファミレスって最強だと思う。




その日は、休日最後ってこともあり


「ご飯でも食べに行って、いい気持ちで明日から仕事を頑張ろう」


って俺が言い、凜々もそれに乗っかった。


サイゼリアに席に着くと、メニュー開き何を注文するか考える。



サイゼリアって安心するね。全部安いし


と言っても俺はもう決まってる


チキンとご飯のセットとドリンクバー


凜々は散々吟味して


「私、パスタとエスカルゴのオーブン焼きをプチフォッカチオのセットで、あとほうれん草のソテーかな。あ、ドリンクバーもつけて」




これ、一口もくれないんだぜよく食うなーって思った。


俺はまるで貴族のようにナイフとフォークを華麗に使いチキンをゆっくり食べる。


そして、ドリンクバーで飲み物を大量に飲む。これは、全種類制覇するのはノルマだ


凜々はカタツムリをペロッと平らげ、パスタを噛み砕き、ほうれん草を飲み込み


またメニューを開く。




「デザートにティラミスとアイスクリーム」


よく太らないよなー


俺はホットコーヒーを飲んでゆったりして、明日から仕事嫌だなーとか考えてた。


「太郎、もう食べ終わったから行こ」


「ダメ!!」


「どうして?」


「まだ全種類1杯ずつしか飲んでない!!せめてジンジャーエールもう一杯とレモンティー飲ませて」


「もう、早くしてよ」




俺は凜々に急かされながらドリンクバーに飲み物を入れに行く。


ドリンクバーで飲み物飲まないと得した気持ちになれない。


というか、凜々なんか1杯ぐらいしか飲んでないんじゃないか?


俺はジンジャーエールとレモンティーを飲みコーラを飲んで満足した。




俺は1000円以下ぐらいだったけど


凜々のお会計は3000円を超えた


凜々は俺の倍以上のお金を平然と払い店を出る。


どこに行ってもお金を使わないといけないと思っているのか?と思ってしまう。



いつか高級レストランぐらい


ご馳走してあげたいなって思いながら凜々の後ろについて行った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました