本を読まない金持ち彼女と本を読む貧乏彼氏

日常

金持ち彼女の凜々は本を読まない。




ビジネス書も小説も全く読まない。


俺からするとこれって凄く不思議だ。


成功者になりたければ!!お金持ちになりたければ!!本を読め!!!




っていうのが普通だと思っていたし、だから俺はビジネス書や成功哲学や株式についてやファイナンシャルリテラシーについてとか

たくさんの本を読んだし、たくさんのセミナー動画も見た。


なのになぜ、俺は貧乏で


凜々は金持ちなのか不思議で仕方がない。


デール・カーネギーもクライブ・ステープルス・ルイス知らない。


チーズはどこに行った?とか七つの習慣も初めて聞いたような顔をする。




摩訶不思議だ。なぜ金持ちになれたのか分からない。


「そんなの決まってるじゃん」

なんだよ


「金持ちになるのに本が必要なかったってだけ」




「でもさ、結構偉い人達が言ってるぜ?本から学んだ!!だから本を読め!!って」


「だからなに?私には必要ない。本当に必要になったら本を読む。それだけでいい」



「おすすめの本教えてあげようか?」


「いらない」


謎だ。どれだけ本の良さを伝えても貧乏人から教えてもらうような本なんていらないって感じだ。




「私は、私が困ったとき本当に必要なことをちゃんとネットワーク使って検索して結果を出している。無駄にむちゃくちゃ本を読んだからといっても目の前の問題を解決できないと意味ないでしょ?」


凜々は本当にすごいと思う。


凜々が本を読みだしたら

もしかしたらもっとすごい金持ち彼女になるんじゃないかと






思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました