結婚しない金持ち彼女と結婚したい貧乏彼氏

日常

凜々とデパートに出かけたとき



結婚式用のドレスが飾られたステージがあり、営業の人が通る人達に声をかけていた。

「ねぇ結婚式って24万ではできないよね?」

「結婚式って200万と高いのだと1000万超えたりするから、そんな安くは出来ないんじゃない?」

「出来るって書いてるよ」

えぇ!!

凜々が指指す先の看板を見ると、『2000円10年積み立て24万で結婚式を上げよう』
と書かれている。

「そんなに安くあげられるの?」



「どうですかー?」

営業が俺たちに声をかけてきた。

「これってどうゆうことなんですか?」

凜々は本当に営業の人と普通に話す。



営業の話をまとめるとこうだ。

・積み立てると24万円たまる。

・このサービスでその24万を使えば、送迎車、ドレス、式場などがついてくる。

・これにプラスで食事代や引き出物代などをかけたとしても、かなりお得

・男の人、女の人双方支払いが必要なこと

・2000円ってハードル低く払いやすいでしょ?だから今登録しちゃわない?

彼氏さんと一緒に!



凜々はこの言葉にこう返した

「あ、結婚はする気はないです」

えぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あれ、そうなの?」

「え、そうなの?」

俺と営業同じ反応をする。

「結婚するメリットが分からないので」

「ちなみにご祝儀とかはいくらぐらい渡すかわかる?」

営業が完全に俺のほうを向いて話をしている。

「3万円とかですか?」

渡したことないけどな

「私は15万渡しました」

凜々の言葉でちょっと疲れがでた。営業の人も目を見開き驚いている

なんで俺言った言葉の5倍の値段も言うんだよ!!

「彼女さんお金持ちなのね!!」

「はい、この子はすごいですよ」

「大体3万円前後なんだけど、新郎側と新婦側で60人集まったとするでしょ そしたら180万円だから、いい結婚式できると思うわよ」

俺に言っても月々2000円のお金もないぞ



「あの一つ確認していいですか?」

「はい!なんでしょう!」

「これって一括で払ってもいいんですか?」

「はい、もちろんですが、彼女さん本当にお金持ちなんですね!!」

営業さんは俺を見て嬉しそうに、そして楽しそうに言った。

「また検討します」

凜々はそういいパンフレットをもらって颯爽と立ち去る。

俺は凜々に前に立ち、言った。

「俺と結婚しよ」

凜々は俺を避けながら言った。

「絶対に嫌」

俺はまたショボーンってした(笑)

「私ぐらい稼げるようになったら考えてあげる」






コメント

タイトルとURLをコピーしました