給料12万しかない貧乏彼氏

日常

本当にとんでもない話だ。




コロナの影響かどうかはわからないが、最近職場が暇な時期が続いていた。

だから俺、提案したんだ。「暇なら暇なりに向上心もって頑張ろう!」って


だから俺は、まず今までゴミの山が出来て放置されている場所の掃除を始めた。


これは何年も積み上げられたゴミ達で誰も手を付けることができない状況にあったんだ。




俺は毎日一時間ほど時間を作って少しずつ、少しずつ片付けていった。


その間誰も手伝ってくれなかったし、なんだったら「暇そうだね」って嫌味を言われたこともある。


だけど俺はそんな事気にしない。


毎日少しずつ片付けていった結果、ゴミのない綺麗な空間にした。


ここに机を置いたら作業できる空間になるだろうし、屋根があるので喫煙所として使ってもいいと俺は思って満足した。




これには社長も驚き、俺を表彰してくれた。


そして綺麗になった空間を利用してなにかできないか?というのを今会議やチーム内で話あっているところだ。


そして2つ目、定時で上がれるように努力した。


正直、無駄に残業している人が結構な人数いる中、作業の効率を考え会社にとってどう行動できればプラスになるか?


そこを考えて、行動して定時で上がれるように努力した。


その2つをやった結果、給料が12万しかなかったんだ。




俺は給料明細を見たとき、ふらついた。


目の前が真っ暗になるってこの事だと思う。

俺はパニックになり凜々に電話した。


「俺の給料12万しかなかった!!」


「家賃は払ってね」


それで通話終了。




なんて冷たい子なんだ!!!


と怒りを感じたがそれを抑えて、真剣に転職を考えないと生活ができなくなる。


俺はもうこの会社にはいられないと感じた。
職場の人に相談したら
「残業しなかったから低かったんだろ?」って言われたとき狂気を感じたね。

この会社は残業しなかったら手取り12万しかもらえないような会社なのか!!!!


会社辞めたいよー転職するぞー

お金って大事だね。






コメント

タイトルとURLをコピーしました