金持ち彼女の移動はタクシー

日常

この間金持ち彼女の凜々とデートに行った。


1時間ぐらい散歩しながら話て、ショッピングモールで食事した。


普通のデートだと思う。




そして、ショッピングモールをグルグル回って凜々がいくつか購入したものを俺が持ち
そろそろ帰ろうって話になった。


その時だ。


「今日はたくさん歩いたからタクシーで帰る」


凜々はそう言うと、スマホのアプリでタクシーを近くまで呼んだらしい。


俺は人生でタクシーに乗る機会なんてほとんどない。


なんか凄くお金取られてもったいないイメージがある。


「太郎、行くよ」


凜々はそう言うと颯爽と歩いていく。


俺はその後ろに着いていき、タクシーに乗り込んだ。


座り心地はなかなかいい感じだね!




凜々は住所とか土地勘があまりないので、俺が運転手の対応して


数十分走って、料金は5000円程だった。


なるほど…タクシーってこんな感じなのかー


いい経験したなーって思いながら降りた


凜々はアプリで決済されているらしく財布も出さずに降りる。


進化してるなーって思った。


「タクシー代、5000円ぐらいだったから太郎の分は2500円ね」


俺は動きを止めた


「え!!俺、半分払うの!?」


「当たり前でしょ!!一緒にタクシー乗ったんだから!!」


「そんなことある!?一緒に1時間ぐらいかけてデートに行って、帰りは置いていかれるの?」


「なら走ればいいじゃん」


「なんでだよー!俺だけタクシー追いかけて走るの?シークレットサービスか!!」


「絶対に半分は貰うからね」


「あのな、凜々年収5000万の凜々がほんの少しのタクシー代をケチったらダメ」


「そのお金は私が稼いだの!」


何も食べてないのに2500円も取られるのか!


や、俺も乗ったけどー


納得いかないぞ!


けっきょく2500円取られてショボーンってした。












コメント

タイトルとURLをコピーしました